2020年06月01日

2020年6月ブログ

2020年6月ブログ

5月25日に非常事態措置が解除され、ようやく長かったトンネルも出口が見えたように思えます。

このまま何事もなく走り続けられたらと願いますが、トンネルを出たらまた別のトンネル!?にならないよう、ログ・アトリエとしてもスタッフ一同、 一生懸命知恵を絞り、今まで通り気を緩めず、やるべきことを守り、 皆様の安全を守れる教室にしたいと思います。
 多くの自営事業者の方々同様に、 ログ・アトリエもかつてない苦境に立たされましたが、 生徒の皆様に支えられて、 ログ・アトリエが存続できましたこと、 心から御礼申し上げます。

そんな大切な生徒様への感謝の気持ちを忘れず、 ログ・アトリエという場がますます安全で楽しく成長できる場所にするために、スタッフ一同頑張りたいと改めて思いました。

また、ログの玄関前に皆さんと折った鶴のモビールを飾りました。
皆さんの鶴と合わせたら軽く1000羽を超えました。

コロナ終息、これからも願いが叶い続けられる様に…ご協力ありがとうございました。

orizuru.jpg



2020.5 作品を終えて
革のカードケース・マイカード・くるくる変身人間・鶴のモビール 【絵画・クラフト】

img-03.jpg

特別振替に皆さんが予約を入れて下さって少人数のなかじっくりと技術や考え方を伝えることができて皆さんの覚えの良さは今回ピカ一でした。

きっと皆さまもこの時間が大切な時間と意識し緊張感をもって集中したからではないでしょうか。
上センも皆さんも真剣でしたから、いつもと違って上センに叱られる人はゼロ︕︕素晴らしい飛躍でした。

img-02.jpg

そして出来上がったときの喜びはひとしおでした。 さて、こんな事態だったため、皆さんバラバラでの授業でしたが、少人数制のクラスだったため進行に困ることなく、くるくる人間、鶴のモビール、カードづくり、革のカードケースづくりは完成しました。

革のカードケースづくりはしっかり貼り合わせ、きっちり縫うということ、落ち着いて丁寧に仕上げるということを鶴の折り方に共通した心構えといえます。

前回のモビールからさらに又一歩前進したといえますね。
革ミシンを学び、ゴムのりを学び、ギボシの付け方を学び、型抜きの方法や道具の扱い方を学びました。

今回上センの秘蔵のお宝革を提供しましたよ︕
ケースにぴったりの革を選びかっこよく出来上がっていますね。

img-04.jpg



2020.6 作品予定 
間違い探しのペン画 【絵画】

img-01.jpg

摩擦熱で消えるフリクションボールペンを使って間違い探しの作品をつくります。

どこかに間違いを作り、どこが違うか見つけましょう。
色彩は色鉛筆を使います。

これは集中力を養い、そして物をよく見るという鋭い目を養いますよ。
しかも楽しい ですから一石二鳥ですね。描きあがったら皆と楽しく遊びましょう。

ログ・アトリエでは画家である西川先生は見つけるのがピカ一でした。
さすが画家の眼はするどい。

フルーツ飴 【お菓子】

img-07.jpg

子供は皆、飴(あめ)が好きですよね〜︕︕

そこで上センはコロナ収束をひとまず︖祝ってアメの花束 ? をつくろうと思いました。

本物のフルーツを閉じ込めていますよ。シュガーアート講師の伊藤真理子先生からスタッフ全員が事前に学び、お伝えします。

作って楽しい、食べて美味しい、見てキレイ、もらって嬉しい︕
お祝いにはもってこいです。 月1クラスもフルーツ飴を作ります。




【6月中の振替について】

緊急事態宣言は解除されましたが、3密状態を避けるため、6月5日(金)まで少人数制の特別振替クラスを継続します。

学級の2分割などで平日の午前および昼間にログ・アトリエに通える方は、特別振替クラスをご利用いただきますようご協力のほどお願い申し上げます。

ご予約はこちら
https://www.log-atelier.co.jp/news/special-makeup-lessons-2020-03/special-makeup-lessons-2020-03.html

又、残念ながら6月の新規のご入会はお断りしております。予約のみ受付いたします。

感染予防対策の一環として各クラスを少数に抑えるため、6月は通常の子供クラス(月〜金 16:30〜18:00 土 10:00〜11:30/13:00〜14:30)への振替は受付いたしません。

通常クラスを欠席された方で特別振替クラスへの振替が難しい場合は、8月以降にお振替ください。

その際は、6月のレッスン内容と異なりますので、予めご了承ください。

またレッスンにお越しになる際は、マスク着用をお忘れないようご注意ください。
皆様のご理解、ご協力、何卒よろしくお願い申し上げます。



【お願い】
作品お持ち帰り用の袋が不足しています。ご家庭に余っている紙袋、ボロ布(コットン素材のもの)も下着やタ オルなどそのままで OK ですので、 ありましたらご協力お願いいたします。
posted by 上セン at 14:21| 日記