2018年11月01日

2018.11

紅葉の便りが届きはじめ、街中でも落ち葉が舞って、秋が深まってきました。秋の夜長はなぜか心が落ち着きますね。
近頃、BAG作りに加えてソーイングにもはまっています。子供の頃から絵を描くのは好きな上センでしたが、不器用だったためクラフトはとても苦手でした。ましてや針、糸なんてとんでもない!!一生ソーイングはしないと思っていたのですが、色々な先生に出会い、私の中でソーイングというものが幸せなものに変わりました。おかげで、お店で売られている製品を高いお金をだして買う気にもならなくなりました。自分で縫う方が安いということではなく、自分の身体に合って使い勝手がよく、自分の好きな形と色のものは、やっぱり自分で作った方がぴったりくるのです。何をするにも、それを好きになって、やっていて楽しいと思う気持ちが原動力になります。このところ、秋の夜長はソーイング三昧です。昼や午前に時間があったら、Bag作りをしています。


続きを読む
【日記の最新記事】
posted by 上セン at 16:20| 日記

2018年10月01日

2018.10

コスモスが涼風に吹かれてそよそよと揺れています。秋の訪れを感じます。コスモスを見ていると、この時期に病院で亡くなった母のことを思い出します。その頃、病院の花壇にはお花畑のようにピンクと白のコスモスが一面に咲きこぼれていたから...母の口ぐせで今の私の支えの言葉になっているのは、「笑う門には福来る」です。どんなに暗い時でも、母は笑いをとってその都度明るく乗り越えていました。強い母、正直な母、面白い母。私がくよくよしていると、いつも「そのくらいのこと!どうということはない!」とつっぱねます。そう言われると、本当に大丈夫のような気がして楽天的な気持ちになりました。


続きを読む
posted by 上セン at 16:43| 日記

2018年09月01日

2018.9

夏休みが終わり、新学期が始まりましたね。
この夏、日本は色々なことがありました。猛暑が続いてたくさんの人が熱中症になったし、台風の被害もひどくて、辛いニュースもありました。一方、高校野球は熱戦が繰り広げられ、私も興奮したり涙したりしながらて見ていました。人が限界に挑み頑張る姿は美しく、感動をよびます。全力を尽くしたけれど負けてしまい、泣きながら甲子園の土を詰めている姿には、思わずもらい泣きです。負けても良いんだ、皆全力をつくした!! そして行方不明になった2歳のお子さんを日本中が心配していた時、78歳の尾畠さんが坊やを見つけて下さり、どれだけ嬉しかったことか!! たまたまクローズアップされた尾畠さんですが、熱い心が行動に直結していて、常に人の為を考え、夢を持ち、そのための体力づくりに励み、それでいて謙虚にしていらっしゃって、私も元気を頂きました。

続きを読む
posted by 上セン at 00:00| 日記